メッセージ

2020年代を迎え、「マンガ」は文化産業として社会に根付き、デジタル化・インターネット化の波にも対応し、さらに世界に羽ばたいていく時を迎えています。

世界に誇る「マンガ」が、この先に100年、200年と、伝統文化としてだけではく、大衆文化として私たちの身近な存在であり続けるためにどうすればよいか。

もちろん、才能のある表現者がマンガの道を選ぶこと、素晴らしい作品が次々と生まれることが重要だと思っていますが、「教育」「コミュニケーション」「情報伝達」など、マンガの備える優れた機能面にも着目することで可能になるのではと考えています。

マンガのポテンシャルは無限大です。

非営利法人である一般社団法人マンガナイトは、マンガ業界と他業界を横断しながらマンガのポテンシャルを最大限に発揮し、マンガが文化産業の中心で走りつづけることができるよう、社会事業を展開します。

代表理事 山内康裕

山内康裕 やまうち やすひろ

1979年生。法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科(MBA in accounting)修了後、税理士を経て、マンガを介したコミュ二ケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成し、2020年に法人化し「これも学習マンガだ!」事業(日本財団助成)を推進。また、マンガ関連の企画会社「レインボーバード合同会社」にて、“マンガ”を軸に施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務等を提供している。2018年に店舗「マンガナイトBOOKS」をオープン(文京区)。2019年には「東アジア文化都市2019豊島(豊島区・文化庁)」マンガ・アニメ部門事業ディレクターを務めた。さいとう・たかを劇画文化財団理事、文化庁メディア芸術連携基盤等整備推進事業有識者タスクチーム員、国際マンガ・アニメ祭ReiwaToshim(IMART)共同委員長、日本マンガ学会監事他を務める。共著に『『ONE PIECE』に学ぶ最強ビジネスチームの作り方』(集英社)、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊』(文藝春秋)など。